かららん
ポップ・ソングス


“ミュージカル俳優とジャズミュージシャンによる本気のポップ・ソングス”ミュージカル俳優 西川大貴が中心となり、ジャズピアニスト 桑原あいが音楽監督を務めるプロジェクト、「かららん」がセカンドアルバムをリリース!

ミュージカル俳優 西川大貴が中心となり、ジャズピアニスト 桑原あいが音楽監督を務めるプロジェクト「かららん」がセカンドアルバムをリリース!作詞・ボーカルを務める西川大貴は、「アニー」「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」などのミュージカル出演、今年6月公開の水谷豊初監督映画「TAP -THE LAST SHOW-」(東映 / テレビ朝日)に、吃音症を抱えたタップダンサー役で出演するなど、幅広い活動が注目を集めている。作曲・ピアニストを務める桑原あいは、今年2月にスティーヴ・ガット、ウィル・リーとのピアノトリオでアルバムを発表。クインシー・ジョーンズからも評価され、大きな話題を呼んだ。4月から「サンデーステーション」(テレビ朝日)のOPテーマを担当している。今作は“ミュージカル俳優とジャズミュージシャンによる本気のポップソング”をテーマに掲げ、ファーストアルバムから大きく方向転換し、どこか懐かしくキャッチーな楽曲「未来型ガール」や、俳優ならではのストーリー性ある世界観を持った「Where is my home」、自身出演映画の世界を思わせる「TAP」、またライブでもカバー曲を披露する機会が多いことから、井上陽水の「氷の世界」もオリジナルアレンジで収録。西川のタップダンスもレコーディングするなど、バラエティに富んだアルバムとなった。レギュラーメンバーである、小林豊美(Fl)、森田悠介(Ba)、長良祐一(Ds)が抜群の安定感と躍動感で彩りを与え、更にゲストにはメンバーとも親交のある、吉田沙良(fromものんくる)を迎えた。吉田の参加楽曲も、まるでアルバムが“芝居の脚本”であるかのように、実に演劇的な煌めきを放っている。“ミュージカル俳優とジャズミュージシャンによる本気のポップ・ソングス”。演劇的…?音楽的…?どこか懐かしく、そして新しい。個性豊かな9曲を収録。 -------------西川大貴 Taiki Nishikawa(作詞 Vo,Cho,Tap) 桑原あい Ai Kuwabara(作曲 Pf,Key,Cho) 小林豊美 Toyomi Kobayashi(Fl)森田悠介 Yusuke Morita(Ba,Programming) 長良祐一 Yuichi Nagara(Ds)Seku (Gt) 須原杏 Anzu Suhara(Vn) 福間むつ美 Mutsumi Fukuma(Voice) 吉田沙良 Sara Yoshida From.ものんくる(Cho, Vo)M7桑原まこ Mako Kuwabara(作曲)M4


1.未来型ガール
2.Where is my home
3.ステュワートさん
4.9月になったら
5.逃げのびるだけでいいだろう
6.空まで伸びる木
7.President
8.氷の世界(Cover)
9.TAP


[release]2017/07/12
[price]¥2,315+tax
[format]CD
[cat]APLS1706
[genre]邦楽/J-INDIES