KIKO NAVARRO_EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON




KIKO NAVARRO
EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON [帯・日本語解説付国内仕様盤]


2016年にリリースされたシングル“All Because Of You”は、キングス・オブ・トゥモローのクラシック“Finally”で美声を聞かせたジュリー・マックナイトをフィーチャーし、CJマッキントッシュやソウル・クラップといったアーティストに絶賛され、スマッシュ・ヒットを記録 ! キコ・ナヴァロの最新アルバム「EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON」リリース !

スペイン、マジョルカ出身で1990年よりDJ/プロデューサーとしてのキャリアをスタートさせたキコ・ナヴァロは、超人気クラブ「パシャ」でのレジデントでその地位を確立し、スペインのみならず、ヨーロッパ各地を飛び回るトップDJとして活躍し、2000年に自らのレーベルである<フラミンゴ・ディスコス>を立ち上げ、“Ritmo Para Voce”などのヒット曲をリリース。ブレイズやクウェンティン・ハリスのリミックスも手がけるなど、アーティストとしてもトップランナーとして知られている。BBEからリリースされる待望のコチラのフル・アルバムには前述の先行シングル“All Because Of You””はもちろんのこと、DJスペンとダナ・ウィーヴァーを迎えた90'sスタイルのハウス・チューン“What We Need”、同<BBE>より、パーカッションをテーマに据えたコンピレーション「THE LANGUAGE OF TAMBORES」を発表したガブリエル・ポーゾをフィーチャーしたラテン・フレイヴァー溢れるグルーヴィーな“Painful Goodbye”、メイズの80'sクラシック“Twilight”をモダン且つダンサブルに仕立てあげたような“I Can Show You The Way”、ラテンなコーラスの折重なりとミニマルなシンセが織りなす鮮やかなグルーヴがピーク・タイムを彩る“Ohashia”、さらにフィルターの開閉でグイグイ引っ張るエグめなシンセと、クールなパッド・シンセがディープに響き渡る“Cranc”といったインスト・チューンも収録しているのもサスガ ! そして、キコ・ナヴァロ自身による2007年リリースのクラシックをストリングスを交えてさらに進化させた“So□ando Contigo (Orchestral Version)”など持ち前のラテン・フレイヴァーを軸に色鮮やかなシンセとヴォーカルが織りなすフロアキラーなハウス・トラックをズラリと揃えた至極の一枚 !


1. All Because Of You feat. Julie McKnight
2. Twilight
3. Right On feat. HanLei
4. I Can Show You The Way
5. What We Need feat. Dj Spen & Dana Weaver
6. Black Is Back feat. Boris Dlugosch
7. Everything Happens For A Reason feat. Isis "Apache" Montero
8. Lo Siento feat. Concha Buika
9. La Cosa
10. Ohashiah
11. Twi-Reprise
12. Cranc
13. Humanity feat. D7
14. So□ando Contigo feat. Concha Buika (Orchestral Version)
15. Painful Goodbye feat. Paco Colombas & Gabriele Poso
16. Adolescence (Outro)


[release]2017/03/22
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]BBEACDJ397
[genre]洋楽/CLUB