V.A._BEATS IN CYCLE




V.A.
BEATS IN CYCLE


これが、ジャパニーズ・ビートシーンの現在であり未来(可能性)。

2010年代から徐々に世界中で広がりを見せていったビートシーン。ここ日本においても渋谷The ROOMで開催されていたパーティー『TRANE.』から始まり『EN TOKYO』など様々なパーティーで気鋭のビートメイカー達がシーンを形成していった。シーン初期から活躍してきたビートメイカー、tajima halが主宰するレーベルHermit City Recordingsによるこのコンピレーションに集結したビートメイカー達は国内のみならず海外でも注目を集め、海外レーベルからのリリースも珍しくない。説明不要、Budamunk、名物パーティーとなった『TRANE.』を支えたYagi、Ill Sugi、Bugseed、ラッパーへのビート提供も精力的なArμ-2、そしてこれからが期待されるNEWCOMERまで18人18色のビートを鳴らす。東京を中心に国内で今最もホット/ドープなビートメイカーのビートを一度においしく堪能できる本作はいわばMilestone(道しるべ)。ピンときたアーティストの作品を追いかけてみるのも一つの楽しみ方である。 about “Hermit City Recordings”2016年tajima halによって創設されたレーベル。横浜に拠点を置き、東京から少し離れたSuburban(郊外)のゆるさを感じさせる作品をリリースしている。近年話題を呼んでいるカセットのLO-FIな質感や独特のフォーマットを活かしたフィジカル作品を数作品リリース。tajima hal&ΔKTR / Hermit CityDwellerzではこだわり抜かれた完全自主制作カセットが話題を呼び、Bandcampでは海外を中心に即完売。2017年、我が道を追求する各地のHermit(隠者)のリリースを控えている。


01. Budamunk - Jazzspot
02. EeMu - Drunk Dancer
03. Witnessgreen - FITNESS
04. Lidly - Unbeliever
05. Pigeondust - Confiscated Pt.1&2
06. Yotaro - Spring Wax
07. Ill Sugi - 712 Blend
08. Madrob Beats - Trife Life
09. Bugseed - Behind The Scenes
10. ΔKTR - Hermit City Walkin'
11. Supple - Shot8
12. Matatabi - Summer in 2045
13. Salty - Thin Lines
14. Fitz Ambro$e - Peeceee
15. Arµ-2 - Be There
16. lee (asano+ryuhei) - Autmn
17. Yagi - Why18. Tajima Hal - Green Ocean


[release]2017/07/26
[price]¥2,200+tax
[format]CD
[cat]HCR004
[genre]邦楽/J-HIPHOP