合田口洸
REMEDY


24歳が描き出した、現実と向き合う青年の救いの詞世界。

印象的なピアノとギター。シンガーソングライター:合田口洸の渇いた声色がどこか哀愁を残す。LOW HIGH WHO?らしい詩的音楽であり、ジャンルを問うことは難しい。作詞作曲編曲の全てを自身一人で手掛け、2年間を費やしてこのアルバムを制作したことで、彼が東京の街で歩んできた生活や、生きている中で起こった変化、その過程を言葉によって綴っていく。80年代、フォークソングが時を超えて、この現代に優しく訪れたように懐かしい気持ちにもさせてくれる。あなたの「ひとり」だった時間に彩りを添えてくれるような作品だ。


01. あとがき
02. don’t worry
03. 夜
04. 染まる
05. robot
06. 群像劇
07. limbo
08. she
09. ghost in the
10. 流れる
11. everything gonna be all lie
12. insomnia
13. re:15th old
14. リハビリ
15. ただそれだけを


[release]2017/07/05
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]LHWCD-0048
[genre]邦楽/J-HIPHOP