WAXAHATCHEE_OUT IN THE STORM




WAXAHATCHEE
OUT IN THE STORM


ケイティ・クラッチフィールドのソロ・プロジェクト、ワクサハッチーが、ピッチフォーク等から高評価を獲得した前作より約2年振りとなる新作をリリース。ジョン・アグネロ(ソニック・ユース、ダイナソーJr他)の手による4枚目のアルバム『アウト・イン・ザ・ストーム』、完成。

●ケイティ・クラッチフィールドのソロプロジェクト、ワクサハッチーのソロ・プロジェクト、ワクサハッチーの4枚目のアルバムが完成。マージ・レコード移籍第一弾となった前作『Ivy Tripp』はPitchforkを中心に大きな評価を獲得。アルバムのリリース後はワールド・ワイドでツアーをおこない、Sleater-Kinney、Kurt Vile、New Pornographers、Jenny Lewis、Kevin Morby他のサポートも勤め上げた。●約2年振りとなる当『Out In The Storm』はフィラデルフィアのMiner Street Recordingsで2016年の12月のレコーディングされた。アルバムを手掛けたのは25年ものキャリアを誇るJohn Agnello(Dinosaur Jr、Sonic Youth他)で、バンドのメンバーには、姉妹でもあるAllison Crutchfield(Key/Per)とSleater-Kinney のツアー・ギタリストでもあるKatie Harkin(G)、またKatherine Simonetti(B)とAshley Arnwine(Dr)の4人が参加した。-----【Waxahatchee/ワクサハッチー】Waxahatcheeは2010年にアラバマ州バーミングハムで結成されたインディ・ミュージック・プロジェクトだ。プロジェクトの中心はKatie Crutchfieldで、バンド名はワクサハッチー・クリークからとられている。Katie Crutchfieldは姉妹であるAllison Crutchfield(2017年1月にソロ・アルバム『Tourist In This Town 』をMerge Recordsよりリリース)とP.S. Eliotというパンク・バンドで活動していたが、平行して、Chris Clavinとのスプリット・カセットをWaxahatchee名義でリリース。こうして、2012年には、Waxahatcheeのデビュー・アルバム『American Weekend』を、Don Giovanni Recordsよりリリースした。このデビュー・アルバムはポシティヴなレヴューを獲得。幾つかのメディアは、同作を同年の年間ベスト・アルバムの1枚にピック・アップした。2013年にはセカンド・アルバム『Cerulean Salt』をUSはDon Giovanni Records、UKはWichita Recordingsよりリリース。アルバムはPitchforkで8.4/10のレヴューを獲得し、ベスト・ニュー・ミュージックに選ばれ、バンドは大きな注目を集めるようになった。その後、WaxahatcheeはMerge Recordsと契約し、2015年にはサード・アルバム『Ivy Tripp』をリリース。当アルバムからのシングル「Air」はPitchforkでベスト・ニュー・トラックに選ばれ、アルバムも同サイトで8.1/10の好レヴューを獲得した。


1. Never Been Wrong
2. 8 Ball
3. Silver
4. Recite Remorse
5. Sparks Fly
6. Brass Beam
7. Hear You
8. A Little More
9. No Question
10. Fade


[release]2017/07/19
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]MRG594CDJ
[genre]洋楽/ROCK・POPS