渚のベートーベンズ_OYSTER




渚のベートーベンズ
OYSTER


前作「フルーツパーラーミュージック」がα-STATION FM京都、TBSラジオなど各所でピックアップされるなど話題を呼んだ、京都のバンド、渚のベートーベンズが約2年ぶりのセカンド・アルバム「Oyster」リリース !「京都西院ミュージックフェスティバル」含む、リリース・ツアーも !

今作もメンバー全員がそれぞれ作詞作曲を手掛けてメイン・ヴォーカルを務める曲を収録 ! 前作以上に個々が音楽性を自由に追及 ! 聞き返すたびに、そしてトラックが変わるたびにアルバムの印象も改まるような趣向の深さを、触感や味が複雑で説明しがたいけど絶妙に美味しい食べ物の代表格「牡蠣(カキ)」に見立て、「Oyster」というタイトルに !<プロフィール>メンバー:江添恵介(vo.gt.cho.ba)、おのしほう(vo.key.gt.dr.per.cho)、麻生達也(vo.ba.gt.cho)、西村中毒(vo.dr.gt.cho.per.ba.key)。京都を中心に活動。2014年結成、2015年5月にファースト・アルバム「フルーツパーラーミュージック」を発表。雑誌「ミュージック・マガジン」にて高評価を獲得。ラジオではα-STATION FM京都の番組「KYOTO MUSIC SHELF」や「IMAGINARY LINE」に出演した他、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」、α-STATION FM京都「SUNNYSIDE BALCONY」、「BREAKERS NIGHT」などでピックアップされた。2016年8月には音楽ライター/ラジオパーソナリティとして活躍する岡村詩野氏が立ち上げたのコンピレーション・アルバム「From Here To Another Place」に参加。「ライブは長尺じゃないとどうも持ち味が発揮できないため、お祭り以外はほぼ2マンか3マンに絞って出演しています。」●Gtの江添恵介は京都西院のライブ・ハウス「ネガポジ」にて副店長/ブッキング・マネージャー/メインPAを担当し、そのかたわら京都の数々のミュージシャンのレコーディング/ミックス・エンジニアリングを手掛ける。●Keyのおのしほうはモルグモルマルモの元メンバー、クチナシのレコーディングサポート。●Drの西村中毒はThe Mayflowersの元メンバー。


01. レモンツリー
02. 絡まり合う愛と自由
03. 騒ぎの中へ
04. Deadman's Motel
05. 棘
06. Oyster
07. Merry Christmas in NYC
08. 真夏の太陽を愛してやまない
09. 影踏み
10. 深海魚
11. 寂しい日が来ても
12. 任意の点Pとして生きる皆に捧ぐ


[release]2017/07/05
[price]¥2,037+tax
[format]CD
[cat]NSCN-00001
[genre]邦楽/J-INDIES