ハハノシキュウ_ヴェルトシュメルツ




ハハノシキュウ
ヴェルトシュメルツ


前作からわずか5ヶ月、ハハノシキュウ二枚同時リリース!処女作品集『リップクリームを絶対になくさない方法』から5年、フリースタイルダンジョンの初代モンスターを務めたDOTAMAとのコラボアルバム『13月』から4年、衝撃のメジャー配信シングル『おはようクロニクルEP』から1年、そしておやすみホログラムプロデューサーオガワコウイチとのコラボアルバム『パーフェクトブルー』からわずか5ヶ月。ハハノシキュウ待望のセカンドアルバム『ヴェルトシュメルツ』が全編生演奏のトラックによって完成。さらに、インプロデュオバンドHUHとのコラボアルバム『3年後まで4年かかるタイムマシン』を携え、キャリア初の二枚同時リリースを敢行 !

“実は、ヒップホップが苦手なあなたへ”ヴェルトシュメルツ/Weltschmerz【名詞】世界苦、悲観的世界観、厭世( えんせい)、世の中の邪悪を思って悲しむこと“パンとか米が舌に合わない、我慢して食べても理解がない!”小学四年生、僕のクラスには芸能活動をしている女の子がいた。彼女は、東京で仕事がある度に学校を休み、その度に僕は学校のプリントを家に届けていた。あえて、名前は伏せるけど彼女の名前に夏という漢字が入っていたことは明かしておく。中学一年生、彼女はマイナー映画の主演に抜擢された。その映画は東京でも一箇所か二箇所くらいでしか上映されなかったらしく、もちろん僕らの地元では観る事が出来なかった。それに、はっきり言ってその映画のタイトルすらも覚えていない。多分、彼女は芸能活動を辞めてしまっていて、当時の彼女を見るためにかけていた色眼鏡はとっくに度が合わなくなっている。卒業アルバムに載っている人間が今も全員生きているとは思えないし、僕が知らないだけで一人か二人はすでにこの世にいないような気もする。だから、彼女だって例外じゃないだろうと勝手に思ったりして。そんな僕の中にあるまだ日本語に辿り着いていない何かを象るために、何度も歌詞を書いた。結果としてそれは11 曲のアルバムになったが、これで足りているのかは正直わからない。安い言葉で申し訳ないけど、この11 曲の群像が烏滸がましくも他の薬では代用できない救済になれば幸いだと思う。今、流れてる流行歌とか歌謡曲が、まるで米やパンみたいだと学校や職場で感じたなら、あなたはそれを無理して食べる必要はない。今、ラップとかヒップホップが周りで流行っていたとして、それが米やパンみたいだと感じたなら、あなたはそれを無理して食べる必要はない。“ただのヴェルトシュメルツだ、気にすんな”


01. セカンドフィナーレ/R.I.P.2
02. 家の中でボウリングするなんて/Happy!
03. 続・自殺/Alive
04. 土萠ほたるファンクラブ/Love Is A Battlefield 05. カブトムシにマヨネーズ/The Art
06. J-POPが嫌いな友達/Monad
07. さっき初めて会った人の結婚式の祝辞/MC Battle
08. シャーデンフロイデ・ダイエット/Schadenfreude
09. 東京/Tokyo
10. 名前に夏が入ってる女の子へ/Endless Summer
11. ヴェルトシュメルツ/Weltschmerz


[release]2017/12/06
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]OOOS-26
[genre]邦楽/J-HIPHOP