THE PAINS OF BEING PURE AT HEART_THE ECHO OF PLEASURE




THE PAINS OF BEING PURE AT HEART
THE ECHO OF PLEASURE


キップ・バーマン率いるザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのニュー・アルバムが完成。2014年の『デイズ・オブ・アバンダン』に続く4枚目のアルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』、リリース。

Kip Berman(キップ・バーマン)率いるインディポップ・バンド、ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートのニュー・アルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』が完成した。これは、2014年の『Days Of Abandon(デイズ・オブ・アバンダン)』に続く3年振りのアルバムで、自身4枚目の作品となる。アルバムのプロデュースとミックスは、前作同様、My Bloody Valentineの『mbv』やThe Killersを手掛けたことでも知られるAndy Savours(アンディ・サヴール)。ベースは前作のツアーにも参加したDream DiaryのJacob Danish Sloan(ジェイコブ・デニッシュ・スローン)、ホーンはBeirut、David Byrne、St. Vincent他との活動でも知られるKelly Pratt(ケリー・プラット)が手掛け、その他の楽器は全てKip Berman(キップ・バーマン)プレイした。また「So True」では、前作のレコーディング/ツアーにも参加したA Sunny Day In GlasgowのJen Goma(ジェン・ゴマ)がヴォーカルを担当している。ツアー・メンバーは、Jacob Danish Sloan(B)、Christoph Hochheim(クリストフ・ホーホハイム/G)、元Mercury Girls、LiteratureのChris Schackerman(クリス・シャンカーマン/Dr)、Jess Rojas(ジェス・ロジャス/Vo&Key)となる予定だ。


1. My Only
2. Anymore
3. The Garret
4. When I Dance With You
5. The Echo of Pleasure
6. Falling Apart So Slow
7. So True
8. The Cure For Death
9. Stay
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録予定


[release]2017/08/02
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6009
[genre]洋楽/ROCK・POPS