SHOCK MACHINE_SHOCK MACHINE




SHOCK MACHINE
SHOCK MACHINE


元クラクソンズのフロントマン、ジェイムズ・ライトンのソロ・プロジェクト、ショック・マシンのデビュー作が遂に完成。ジェイムズ・フォードのプロデュース&ベン・H・アレンのミックスによるアルバム『ショック・マシン』リリース

『Shock Machine』は南スランスの人里離れた山小屋でプロデューサーのJames Ford(Arctic Monkeys、Klaxons、Florence + The Machine他)によりレコーディングされ、Ben H Allen(Gnarls Barkley、Animal Collective、Deerhunter他)によってミックスされた。アルバムには、21世紀というレンズを通した真にモダンな10曲が収録されている。一方、こうした楽曲は、トッド・ラングレン、デニス・ウィルソン、初期のポール・マッカートニー、ロキシー・ミュージック等から影響を受けたタイムレスなポップ・ミュージック的要素も感じさせ、「アシッドを加えたエルトン・ジョンのベニーとジェッツ」とジェイムズ・ライトンはそれらを表現している。またアルバムのアートワークは、Rob Carmichael(ロブ・カーマイケル|Animal Collective、Panda Bear、Dirty Projectors他)が手掛けた。


1. Open Up The Sky
2. Unlimited Love
3. Shock Machine
4. Lost In The Mystery
5. Let Her Love In
6. First Of May
7. Fire Up My Heart
8. Strange Waves
9. Get You
10. Something More


[release]2017/8/25
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6114
[genre]洋楽/ROCK・POPS