THE DARKNESS_PINEWOOD SMILE




THE DARKNESS
PINEWOOD SMILE


ジャスティン・ホーキンス率いるザ・ダークネスの5枚目のアルバム『パインウッド・スマイル』が完成。ロジャー・テイラーの息子、ルーファス・タイガー・テイラーがプレイした初のアルバムで、プロデュースはエイドリアン・ブッシュビー(U2、フー・ファイターズ、ミューズ他)。

●The Darknessは10月6日に自身5枚目となるニュー・アルバム『Pinewood Smile』をワールド・ワイドでリリースする。●『Pinewood Smile』収録の楽曲はロンドンのパトニーで書かれ、コーンウォールでレコーディングされた。プロデュースは、U2、Foo Fighters、Muse他を手掛けたグラミー受賞プロデューサー、Adrian Bushb(エイドリアン・ブッシュビー)。また、2015年に加入したドラマー、Rufus Tiger Taylor(ルーファス・タイガー・テイラー)がプレイした初のアルバムとなる。Rufus Tiger TaylorはQueenのレジェンド、Roger Taylor(ロジャー・テイラー)の息子で、2曲でJustin Hawkins(ジャスティン・ホーキンス)とヴォーカルもシェアしている。


1. All The Pretty Girls
2. Buccaneers of Hispaniola
3. Solid Gold
4. Southern Trains
5. Why Don’t the Beautiful Cry?
6. Japanese Prisoner of Love
7. Lay Down With Me, Barbara
8. I Wish I Was In Heaven
9. Happiness
10. Stampede of Love
11. Uniball*
12. Rack of Glam*
13. Seagulls (Losing My Virginity)*
14. Rock In Space*
15. Why Don’t the Beautiful Cry (demo version)**Bonus Tracks


[release]2017/10/06
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6158
[genre]洋楽/ROCK・POPS