PHOTAY_WAKING HOURS





PHOTAY
WAKING HOURS


ラッキー・ミー、ニンジャ・チューンなどへのミックス提供、ボイラールーム出演やBONOBOのサポート・アクト等をこなし、天才ビートメイカーとも評されたフォテー。2017年リリース『オニズム』に続くセカンドアルバム、『ウォーキング・アワー』をリリース。

ニューヨーク出身のプロデューサーPhotay。9歳の時にAphex Twinを聴き音楽に目覚め、その数年後、西アフリカ、ギニアで民族音楽と出会いPhotayとして活動を始める。そこで得たポリリズムの知識、またフィールドレコーディングを行いサンプリングを使うサウンドメイキングが彼の特徴だ。今回のアルバムには、LA音楽シーンの最重要プロデューサーCarlos Ni□o、ニューエイジ/アンビエント・ミュージックの伝説的存在Laraaji、MetronomyのメンバーであるMichael Lovett、Dirty ProjectorsやAva Lunaの作品に参加経験を持つ女性ボーカリストFelicia Douglass等多くの実力者がゲストミュージシャンとして参加している。モジュラーシンセの名器ブックラのミュージック・イーゼルをベースとしたエレクトロサウンドだけではなく、生ギター、生ピアノ、またPhotay自身がプレイした生ドラムといったアコースティックサウンドも取り込まれている。


01. Existential Celebration
02. Warmth in the Coldest Acre
03. Is It Right?
04. Fanfare for 7.83 Hz
05. Change in Real Time
06. The People
07. Rhythm Research
08. Pressure
09. EST
10. A Beautiful Silence Prevails


[release]2020/06/17
[price]¥2,400+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6808
[genre]洋楽/CLUB