LITTLE MOA_TRAMPOLINE




LITTLE MOA
TRAMPOLINE


『不思議な温もりがあるエレクトロニックな音響空間を、岡田の柔らかな歌声が綿毛のようにふわふわと漂う。気がつけばサウンドと声が溶け合って聴き手を優しく包み込む、アンビエントなポップソング集』とも評されたデビュー・アルバムから4年ー。日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画『紙の月』の音楽を担当したことでも大きな話題を集めた3人組、little moa。アイスランド在住のフランス人アーティスト、Olena(オレーナ)やSSWのまつきあゆむ、そしてレーベル・メイトであるCONCERT(コンサート)らを客演に迎えた待望の2ndアルバムが遂に完成!

岡田紫苑のソロ・プロジェクト名義”little moa”を発展させ、 5MBS、KANNAの2人を加えた3人組。 岡田紫苑は、山本精一と岡田徹のユニット、ya-to-iの1stアルバム 『The Essence of Pop-self』に参加し、ヴォーカリストとしてデビュー。 2005年よりlittle moa名義での活動を始め、ムーンライダーズ『Vintage Wine Spilit, and Roses』や、『イヴの時間』で知られる吉浦康裕監督作『ペイル・コクーン』の挿入歌「蒼い繭」、岡田徹『幸せの場所』(作詞:原田知世)などにヴォーカルとして参加。 2009年より、キーボード/プログラミングを担当する斉藤康祐(5MBS)、ユーフォニウムのKANNAと共に3人編成での活動を開始。 2013年にデビュー・アルバム『good evening』をRallye Labelよりリリース。 2014年には、角田光代原作 × 吉田大八監督 × 宮沢りえ主演の映画「紙の月」の音楽を担当し、大きな話題を集める。


01. Stereo
02. Flash In The Dark (feat. Olena)
03. オルタネイティブジャーニー (feat. まつきあゆむ)
04. Outerstellar
05. ハミングバード
06. 46610
07. Lemonade 08. In Between Days (feat. CONCERT)
09. Airport
10. TOYS (album ver.)


[release]2017/05/10
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]RYECD262
[genre]邦楽/J-INDIES