STRANGE WORLD'S END_やっぱり、お前が死ねばいい。




STRANGE WORLD'S END
やっぱり、お前が死ねばいい。


「心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロック。」活動10周年になる、strange world's end渾身の2ndアルバム。

今作ではバンドが元々持っている内部爆発的なものを越えて、現代に生きる様々な人間の生々しい感情を、更にリアルでストレートに、そして痛快に表現している。音や言葉は鋭さを増しながらも、今までには見られなかった、外側にも向けたエネルギーとテーマから、普遍的な曲を作り上げた。誰にでも必要ではない音楽でありながらも、誰かには必要になるであろう、聴く人間の心の闇を容赦なく揺さぶる、届いてほしい全11曲。


01. 敗北
02. 接触 ***リードトラック
03. 無知の感染
04. カレイドスコープ ***リードトラック
05. 残念
06. 喪失
07. 終了
08. コロニー
09. 発狂の渦
10. 灰
11. フロンティア


[release]2017/03/22
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]SCRCD-004
[genre]邦楽/J-INDIES