TAIKO SUPER KICKS_FRAGMENT




TAIKO SUPER KICKS
FRAGMENT


Taiko Super Kicks、約2 年振りとなる待望の新作フルアルバム『Fragment』リリース。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと細やかで広がりのあるアンサンブル、あなたの生活に寄り添って、しなやかにどこまでものびていく。

【メンバーによるコンセプト解説】自由な気がしていても、自由ではいられない。全てのことと無縁ではいられない。いつも何かに縛られている。何かに遅れをとっているし、何かに追われてもいる。遠くにあるものや見えないものに気を取られて、気持ちが傾いてしまったり、冷えてしまったりする。訳もなく優しい気持ちになったり、悪いことをしたくなったりする。大事なのは、今に腰を据えて、ここから伸びていくことだ。一貫性に囚われず、日々の断片に宿るものを捕まえていくことだ。色々な景色と色々な私を、許していくことだ。そういうのも多分ありだ。(Taiko Super Kicks 伊藤暁里) ●2014 年に一部店舗と会場限定でリリースされたミニ・アルバム『霊感』がリスナーの間で話題を集め、2015 年フジロック〈ROOKIE A GO-GO〉への出演。同12 月1st フルアルバム『Many Shapes』をリリースし、そのおおらかなメロディーと軽やかな実験精神が結実した作品性が多方面へ評価され、翌年にはシャムキャッツのEASY ツアー、Sweet Love Shower にも出演。2017 年6 月を最後にライヴを休んでいたが、個々の活動や充電期間を経て、初めてのワンマン・ライヴ<KICKS>を開催し、チケットは完売。2018 年1 月20 日にはyumbo、mei ehara を招いた自主企画<オープニング・ナイト>を渋谷WWW にて開催し、2 月7 日には最新作『Fragment』をリリースする。


1.たたかいの朝 
2.景色になる 
3.汗はひき 
4.遅刻 
5.うわさ 
6.のびていく 
7.バネのように 
8.悪いこと 
9.無縁 
10.フラグメント


[release]2018/02/07
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]TSK-001
[genre]邦楽/J-INDIES