PIA FRAUS_FIELD CEREMONY




PIA FRAUS
FIELD CEREMONY


まもなく結成20周年を迎えるエストニアのドリームポップ/シューゲイザーバンド " ピア・フラウス" 9年振り待望の新作発売!

エストニアの美術学校に通う学生達によって1998年に結成。彼らはソニック・ユース、ステレオラブ、ウェディング・プレゼントなどの音楽を聴き学生時代を過ごし、2001年3月に自主制作CDRアルバム「Wonder What Its Like」を地元のみでリリース。そのアルバムがヨーロッパ各地、アメリカの熱心なインディーファンによって話題となり、ワールド・デビューアルバム「イン・ソラリウム」をアメリカと日本で発売。インディーズ・リリースにも関わらず爆発的なセールスをあげたこのアルバムは、今でもマイブラ以降のベストシューゲイズ・アルバムに挙げる人も多い。その後、彼女達はヨーロッパ圏を中心にライヴを重ね、日本/アメリカ/本国エストニアでもリリースを続けると共に、徐々にファンベースを築き、ここ日本でも熱狂的なシューゲイザーファンからポップファンまで幅広いファンベースを持つ。2005年日本企画盤『セイリング・オン・ア・グレープフルーツ・レイク』、2006年にはワールドリリース2作目となる『ネイチャー・ハート・ソフトウェア』、2008年にはウルリッヒ・シュナウスとのスプリントシングル、またワールドリリース3作目となるティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクがプロデュースしたアルバム『アフター・サマー』を引っさげ待望の初来日公演も敢行。その後、長い間活動休止していた彼らだが、2017年にロケットシップとのスプリットシングルをリリースし、ワールドリリース4作目となる9年振りの新作『フィールド・セレモニー』が完成。来年で20周年を迎えるにあたり、初代ボーカリストのクリスタル・エピリクも参加。来年には10年振りの来日公演も予定されている。


01 It’s Over Now
02 Never Again Land
03 Autumn Winds
04 Mountain Trip Guide
05 No Filters Needed
06 Whole Life (bonus track, only in Japan)
07 Endless Clouds 08 Sugar High of the Year
09 Don’t Tell Me How
10 Balaton Sadness (bonus track, only in Japan)
11 Brutal Truth of the World
12 That’s Not All
13 That’s Not All (Picnic Remix) (bonus track, only in Japan)


[release]2017/10/11
[price]¥2,400+tax
[format]CD
[cat]VJR-3204
[genre]洋楽/ROCK・POPS