what’s “S.W.I.M.”??

 

 

S.W.I.M. = Seek,Wonder,Iconic,Music.

「素晴らしい音楽やシーンのアイコンとなるアーティストを捜し求める。」

シーンをアップデートし新しい波を立てるアーティストを送り出すプロジェクトが始動!

 

・・・・・ Twitter Instagram Youtube ・・・・・

 

 

▼参加アーティスト▼

 

asmi

ラッパーRin 音の楽曲「earth meal」への客演でも話題の19 歳のシンガーソングライター。十代白書2020でグランプリを獲得しており、POPでJAZZYな歌声から年頃の女の子が抱く恋愛の悩みや日常の想いを切り取って歌う。1stアルバムの「bond」は2020年9月度のタワレコメンに選出。spotify の注目新人に特化した公式プレイリストEarly Noise Japan でプレイリストカバーも飾る注目のシンガーソングライター。

Twitter / Instagram / Youtube

 

SPENSR

Spincoasterの『NEXTCOMING 2020』にも選出された、シンガー・ソングライター/Beatmakerのカズキ_ウツミによるソロ・プロジェクト。作詞・作曲はもちろんのこと音源では全ての楽器を演奏し、ミックス、デザイン、ビデオ制作までも自らこなしてしまうマルチアーティスト。楽曲はポップスを軸にネオソウル、R&B、ディスコなどに影響を受け、ライブはバンド編成で行う。唯一無二のセンスでリスナーを虜に。

Twitter / Instagram / Youtube

 

碧海祐人

愛知を拠点にする気鋭のSSW 碧海祐人( オオミマサト) メロウでジャジーなムードを携えた情緒的なサウンドと繊細さと気怠さを混在させた歌声で注目となるアーティスト。ノンプロモーションながらSpotify公式プレイリストのカバーを飾り、その他数々のプレイリストにも選出されるなど、早くも注目の的となっている。

Twitter / Instagram / Youtube

 

VivaOla

R&Bシンガーソングライター/プロデューサー。R&Bをはじめとし、ヒップホップやネオソウルなどの様々な音楽から影響を受ける。2019年5月に初セルフプロデュースEPをリリースし、翌年6月に初セルフプロデュースアルバムをリリース。Wez Atlas, Tommi Crane, michel koがメンバーとして所属する東京を拠点に活動する音楽・アートコレクティブ「Solgasa」の一員。

Twitter / Instagram / Youtube

 

YOHLU

福岡を拠点に活動するコレクティブ「BOAT」に所属する3人組。2020年にバンド初となるEPをリリース。勢いそのままに関口シンゴ(ovall)との共作楽曲のリリースや、spotify の注目新人に特化した公式プレイリストEarly Noise Japan でプレイリストカバーを飾るなど、期待を集めている。

Twitter / Instagram / Youtube

 

I’m

甘美な歌声と聴く人に寄り添い引き込む歌詞を都会的なサウンドに乗せて独特の世界観を作る、北海道出身で福岡を拠点に活動するシンガー・ソングライター。レーベルメイトのバンド・shakyから小川朝陽がプロデュースした楽曲など、これまでに3曲をシングルでリリース。地元大学生によるカレッジチャートやプレイリストで話題となっている。

Twitter / Instagram / Youtube

 

Alex Stevens

ジョージア州アトランタで生まれ、その後日本、ハワイ、インド、オーストラリアと各国様々な都市を転々としながら楽曲を作ってきたシンガー・ソングライター。2020年7月に配信リリースした初音源が多数の人気プレイリストに選出されるなど、注目を集めている。

Instagram

 

Gi Gi Giraffe

ドレスコーズ志磨遼平などアーティストからも支持を受けるローファイさを持った宅録インディー・ロック・バンド。フジロック主催「Rookie A Go Go」への出演、 またPredawnやドミコ、MONO NO AWAREといった現行インディー シーンの最前線バンドとの共演、楽曲「Picture」が「名建築で昼食を」(テレビ大阪)OP曲に採用されるなど、注目を集めている。

Twitter / Youtube

 

Peggy Doll

1998年生まれ、現在大阪を拠点にソロで活動する未知の才能を秘めたシンガー。2020年はじめにリリースした1stシングルでは非凡なメロディセンスと歌声を披露。新鋭ビートメイカーniafrascoとも活動を展開、自身のSNSなどにアップされるカバー動画からもその才能の片鱗を垣間見ることができる。

Twitter / Instagram / Youtube

 

American Dream Express

下北沢発、多国籍6人組サイケ・チルバンド。サイケデリックなダンスナンバーを主軸としながらも様々な文脈を感じさせる、新時代のロックを鳴らす。FUJI ROCK FESTIVAL’20 “ROOKIE A GO-GO 2020 LIVE”に出演。

Twitter / Instagram / Youtube

 

 

gato

2018 年、突如インディーシーンに現れたエレクトロバンド。post dubstep, future bass, hiphop といった昨今のグローバルトレンド を抑えつつも、日本人の琴線に触れるコード感を持ったサウンドは、現行のインディーシーンにおいて唯一無二の存在。ボーカルage の高い歌唱力、曲を繋いで展開していくDJ ライクなパフォーマンス、映像と楽曲が共鳴するライブは定評がある。

Twitter / Instagram / Youtube

 

kycoh

2019年から東京を拠点に活動する4人組のバンド。ポスト・ロックやシューゲイザー、アンビエントやダブステップまでを取り入れたダイナミックな表現が魅力。デビューEPが音楽配信サービスのプレイリストに選出されるなど、注目を集めている。

Twitter / Instagram / Youtube

 

MÖSHI

NY、ロンドン、日本に拠点を置くコレクティブ〈Laastc〉に所属し、ファッション・デザイナーとしても活躍するラッパー。ロンドンのセントラルセントマーチンズ芸術大学を卒業後、UNIQLOのスポンサーシップを得て、NYのパーソンズ美術大学院に在学中。FUJI ROCK FESTIVAL’20 “ROOKIE A GO-GO 2020 LIVE”に出演。

Twitter / Instagram / Youtube(Laastc)

 

TOKYO RAVE GROUPIE

メロウなトラックにメロディアスかつ3か国語(日本語/英語/韓国語)が入り混じったラップが特徴の”次世代のヒップホップバンドグループ” TOKYO RAVE GROUPIE。音楽・ビジュアルプロダクトへの強い拘りをモットーにフットワーク軽く表現する。

Twitter / Instagram / Youtube

 

カメレオン・ライム・ウーピーパイ

オレンジ色の髪の毛が特徴的なChi-が中心となっているバンド。モータウン・サウンドや80、90年代ロック / オルタナティブを、次世代のフレッシュな価値観で現行のヒップホップ / R&Bに落とし込み、懐かしくも新しい世界観を表現している。

Twitter / Instagram / Youtube

 

illiomote

可愛くてかっこいい!!HAPPY POPを体現する、突然変異の次世代POPアイコン。リリース前からPOPEYEやBRUTUSなどの雑誌でピックアップされ話題となり、ラジオやイベントにも多数出演。初のレギュラーラジオ番組「illiomoteのウラオモテ」がInterFM897で放送中。

Twitter / Instagram / Youtube

 

UNERI

緩さと居心地の良さをグッドメロディーで紡ぐ4人組変則バンドUNERI。2020年本格的な活動を開始、初ライブとは思えないクオリティの高いパフォーマンスで話題に。feel goodな生音×HIPHOPサウンドを奏でる注目のアーティスト。

Twitter / Instagram / Youtube

 

(2020/07/22up)